住宅関連

老後のリフォームで張り切り過ぎて貯金を減らさないように

自分が実際にみよしに建てた平屋のリフォームをしてみて思うことは、「リフォームは最小限にとどめておいた方がいい」ということですね。これで、「中古住宅を購入してリフォームをして住む」というのでしたら、盛大にリフォームをすればいいと思うのです。けれども、「新築でマイホームを建てて、そして老後のためにもリフォームをー」と考えている人ならば、あそこもここもとリフォーム箇所を欲張らない方がいいでしょう。

なぜって、大規模リフォームをしたところで、その一戸建て住宅にあと何年住むかなんてわからないというものだからです。定年退職後の住まいをリフォームしようと、あれもこれもとリフォームをして、そして結局10年も住まないのでは、お金ももったいないというものでしょう。

老後の蓄えはあった方がいいものです。ですから、久しぶりの「家づくり(リフォーム)」に張り切ってしまい、お金をポンポンと出したくなるのもわかりますが、その気持ちにストッパーをかけてください。子どもが巣立った後のキッチンなんて、小規模で十分だと思いますし。